スワップトレーダーについて

FX取引が支持される理由のひとつ、スワップポイントによる投資法。

これは外貨預金やMMFよりも低コストでレバレッジがかけられるため、一層リターンが狙え、かつ高金利のマイナー通貨とも取引できるところが魅力のようです。

為替差損が発生してもスワップと時間が解決する、スワップのみ毎月受け取りなどローリスクミドルリターンに特化した方法として知られていますが、では本当にローリスクでスワップの恩恵が受けられるのでしょうか。

1.予期せぬ為替変動の発生

近年でいえば、07年8月に起こったサブプライムショックでしょうか。

USD/JPYでは6/22の高値124.13円を境に値を下げていき、8/17には一時111.57円になるなど、わずか2ヶ月弱足らずの短期間に12円以上下がったことになり、スワップで換算するとなんと2年分以上の損失といえます。

このようなケースは為替相場ではよくあることですし、とくに近年の相場環境は実需より投機的資金がメインとなっているため、材料さえ揃えば大きく変動するのです。

ですから、「ここまでは上がらない(or下がらない)だろう」という判断は止めましょう。

2.金利差の縮小および逆転

大半のスワップとレーダーが円キャリー取引だと思いますが、ではこの前提はいつまで続くのでしょうか。

これは日本の低金利の見通し次第ですが、金利差は縮小も逆転も可能性はあるので、もしそうなってしまえばスワップ金利を払い続けることになりかねないのです。

現在に日本が抱える借金や今後の人口の変化を考えても、いずれはインフレになると思わずにはいられません。