FXの超重要ポイント「レバレッジ」について

取引会社に預けた証拠金の数倍から数十倍もの取引きができること・・・これこそ、FX(外為取引)最大のポイントですね。

そして、この特徴のことを「レバレッジ」もしくは「レバレッジ効果」と呼び、この単語は基本中の基本なので覚えておきましょう。

ちなみにレバレッジ(leverage)は「てこ」のことを表しており、小さな力で大きなものを持ち上げるてこの原理のように、FXでは少額の証拠金でも多額の取引きができます。

たとえば証拠金100万円でレバレッジ5倍なら取引は500万円まで可能、レバレッジ10倍なら取引きは1,000万円まで可能となるので、多額の取引によって大きな利益が得られる可能性はあるものの、予想に反した相場になれば損失も大きい危険もはらんでいます。

ですから、レバレッジはハイリスク、ハイリターンであることを忘れてはいけません。

具体的な数字をもとにレバレッジの計算方法を見ていきましょう。

為替相場 1ドル=115円時に10,000米ドルのFXに投資したとします。(=日本円で1,150,000円のポジションを持つ)10,000米ドルを買うために証拠金10,000円が必要だとすると、1,150,000円÷10,000円=115なのでレバレッジは115倍。もし証拠金100,000円ならレバレッジは11.5倍となるわけです。

なお、レバレッジの倍率は取引き業者によって違い、最大10~20倍に設定されることが多い中、数は少ないながらも50倍や100倍、200倍といった設定が可能な業者もあるとか。

レバレッジを高く設定すると、それに連動して証拠金も増加するケースも少なくないため、自己資金とじっくり検討を重ねた上で取引き業者を選ぶようにしましょう。