勝率100%を目指すためのテクニックとは?

FX取引をするにあたって、誰もが当然ながら勝ちたい!負けたくない!と思うもの。

しかしながら、この考え方が思わぬ落とし穴にはまる原因にもなり得ることをご存知でしょうか。

ちなみに確定損益だけか含み損益も含むのか、勝ち負けをどこでジャッジするかといえばやはり後者でしょう。

損きりさえしなければ勝率100%は可能であり、「含み損を抱えたポジションは、いずれ戻ってくるから」と評価しないのは単純に負けトレードを認めないだけのことです。

では、次に期間でとらえてみるとどうでしょうか。当然ながら、トレード開始から現在に至るまでで勝っていなければ勝ちとはいえませんし、年間収支も勝っていたいですね。

さらに月間収支でいえばトレード方法によって違ってきますが、ここも勝っているのが理想とするところでしょう。

では週間収支や1日収支、トレードごとの収支はどうでしょう。

これくらい細かく見ると、やはり負けトレードはあるでしょうし、1日収支で負ける日があってもとくに問題はありませんが、ここで問題なのは損失を取り戻そうとするあまりトレードサイズを大きくする、また損きりをしないでポジションを放置するなどして自分に言い訳をするといった行為だと思います。

これを繰り返していては負けのスパイラルに陥ることは目に見えている上に、この考え方から根本的に変えていかなければ脱出することは難しいでしょう。

日々の浮き沈みによる負けトレードは素直に受け入れ、損きりをして次に訪れるチャンスを待つことも勝つための手段のひとつということを頭に入れておいてくださいね。