マーケットで長生きするための、FX取引のやり方

FXにおいて、資金100万円を数ヶ月後に500万円にまで増やして「FXって簡単!」なんて思っていたらいつの間にか100万円に逆戻り・・・なんて話をよく耳にします。

そもそも資金が100万円だから全額を投資に回す必要はなく、資金管理をしっかり行ってマーケットに挑むことを忘れないようにしたいものです。

裏を返せば、トレード方法よりもむしろ資金配分のリスク管理の方が重要ということ。

とくにFXビギナーは「とりあえず儲かる方法」を知りたがる傾向にありますが、それよりもまずはリスク管理を考えた方がうまくいくのではないでしょうか。

たとえば車を購入するために短期間で100万円を300万円にしたいと思ったとき、資金100万円をフルレバレッジで一攫千金を狙うのもある種のギャンブルと思えば良いですが、これが成功したら潔くFXから退かなければ、元手の100万円をも失ってしまう可能性が高いのです。

スワップ狙いや差益狙い、スイング、デイトレ・・・いずれにしても資金が底をついてしまったらマーケットから退場しなければならないわけですから、資金管理をしっかり行えばたとえ失敗をしても次のチャンスを狙う余力はあるわけです。

要はマーケットに生き残ることが大切なんですね。

もちろん大勢のユーザーの中には、生まれ持ったものであろう類稀なるスキルを持った人がいるのも事実なので、「資金管理なんて必要ないし、面倒」なんて言うユーザーは少なからず存在するでしょう。

しかしその才能があるかないかさえ、やはりマーケットに長くいなければ分かりません。

才能の有無にかぎらず、まずは手堅くいくのが良さそうです。