FXが危険だと言われている理由とは?

FXは気軽に始められる資産運用とあって人気ですが、れっきとしたビジネスには変わりなく、危険もあることを十分に理解しなければいけません。

どんなビジネスであっても、たとえばクライアントとの信用問題から思わぬトラブルに発展することもあるわけですが、FXの場合は自らが危険を招く可能性が大きいもの。

自制できずに自らリスクを上げるのは良くないですし、ルールをきちんと守る人の方が成功する確率が高いということを忘れないようにしましょう。

FXは「儲けが大きければ、損失も大きくなりやすい」傾向にあるということを肝に銘じておくことです。

たとえばレバレッジを大きく使えばそのぶん一度に(少額でも)多く儲けられるわけですが、逆にいえば失敗すれば損失も大きいということを意味します。

たとえば10,000円しかないにも関わらず、レバレッジを200倍に使う(1米ドル=100円とした場合)と2万米ドル分の取引ができます。

そのため100円→101円になれば2万米ドルを売った場合は20,000円の利益になりますね。

しかし反対に1米ドル100円→99円になったら?みなさんお分かりだと思いますが、この場合は20,000円の損失になってしまいますね。

もし証拠金が10,000円しかなければ、1米ドルが99円50銭に達した時点でもともとの預託金よりも損失の方が上回ってしまうのでこの時点でゲームオーバーというわけです。

もちろん、危険を避けることはできます。それは欲をうまくコントロールして安全かつ地道なトレードを続けていくこと。

これさえ徹底すれば予想を超えるような損失は免れるでしょう。

それに加えて取引自体が無料のFX口座なら、繰り返しの取引でも費用が発生しないのでさらにムダな出費を抑えられますよ。