あなたは、何年後にいくら勝っていたいですか?

FXを始める上でまず考えたいのが、資金管理について。

たとえば○年後に○倍といったように目標を決めると、目標リターンによってどれほどのリスクを取るべきかが変わってきます。

自分の必要リターンを具体的にイメージしたら、そのリターンを獲得するための年間リターンを計算しましょう。その後、12で割れば月間リターンが出ます。

さて、算出した数字を見ると、単利でいいのか、また足りないので再投資をして複利にするべきなのかが見えてくるのではないでしょうか。

ちなみに年利20%を上げ続けることが維持できれば、トレーダーとして優秀といわれています。

よく情報商材に「月20%」なんて数字を目にしますが、これは特定の月や年だけを見れば(トレンドに乗って上手にトレードが行えれば)可能かもしれませんが、これをキープするのはかなり難しいのは明らか。これを可能にするのはほんの一握りの人たち・・・しかも実際に計算してみると分かりますが、これができれば世界トップクラスの資産家になれてしまいます。笑。

では、プロ並みの年利24%を例に考えてみると、月利は単利2%、資金100万円で始めるなら月々最低でも2万円勝ち続ければ、たとえ単利だとしても5年後には220万円。スタート時の2.2倍となるわけです。

たとえば年利5%のスワップ金利がつく通貨を投資に選んだとして、5年程度、金利差が続いて為替差損が出ないとすれば実質レバレッジおよそ5倍で可能になります。

もしUSD/JPYでレバレッジ100倍の業者を選んだとすると、50,000ドルの投資で証拠金60,000円、ロスカット率が50%だとしても18.8円程度の円高までは耐えられるでしょう。

時間が経てばスワップ金利もついて余力がたまるわけですから、1回ポジションをとれば後は急な円高さえ警戒すればOK。

マージンコールのある業者なら連絡を待つだけ、というわけです。