取引をすると、どれくらいの手数料が発生するのか?

好評を博しているFX取引ですが、たとえ利益を出してもその収益すべてが自分の利益になることはなく、なぜならFX業者に手数料を支払ったり、スプレッド(売りと買いの差額)や納めなければならない税金などがあるからです。

1つずつ説明していくと、まず手数料はFX業者によって違います。

目安としてはドル/円の場合は1ドルの片道2~4銭ほどと考えていただければいいでしょう(片道は売りor買いのいずれか)。

同じ外貨取引の中でも外貨預金は1ドル片道1円程度なので、それと比較すればどれだけ安いかは一目瞭然しょう。

しかしながら、近頃のFX業者は手数料を無料に設定しているところがかなり多いので、この心配は問題なさそうです。

ちなみにFX取引がなぜ手数料の値段をここまで下げられるかというと、FX取引は短期売買を繰り返すことが多いという特徴があるからといわれています。

それでも、この安さにつられて短期売買を繰り返すと「為替差益がそこまでないにも関わらず、コストがかさむ」事態に陥ってしまい、結果的には大きな儲けにならないことも・・・。

次にスプレッドについて。

これは、FXの手数料の中でも「為替相場と取引をする際の価格の差」。

たとえばドル/円(USD/JPY)において、表示が「売値100.05-買値100.08」と出ていたらスプレッドは0.03円(3銭)となります。

取引のコストは手数料+スプレッドの合計額になるわけですが、スプレッドもFX業者によって異なるので注意しましょう。

ちなみにFX業者のメイン収益は、今述べた手数料とスプレッドです。

業者の中には手数料が安い代わりにスプレッドが高いといったところもあるので、とくにビギナーはその辺りもよくチェックしてください。