証拠金の仕組みも理解しておきましょう

FX(外国為替証拠金取引)の仕組みをしっかり理解していなければ、マーケットに長く居続けるのはとても難しいもの・・・ですからビギナーさんはしっかり勉強しておく必要があります。

まず、FX取引のスタートとして「証拠金」を特定のFX取引業者に預けることから行います。

たとえば外貨MMFや外貨預金であればすべての取引金額を自己資金でまかないますが、FXではお金をFX取引業者に預けてから取引を行うので、この証拠金は一種の担保と考えていいでしょう。

なお、証拠金の金額ですが最低10,000円で100,000円程度が平均のようなので参考にしてみてください。

さて、今説明した証拠金に対して「レバレッジ」をかけることによって、証拠金の10倍から最高で400倍までもの取引をすることが可能となります。
※レバレッジとは要は「テコ」をかけるという意味です

レバレッジの倍率というのはFX会社によってそれぞれ異なるものの、最高レベルを見てみると、わずか証拠金10,000円に対して最高4,000,000円という高額な取引を行うことが可能であり、これもFXの魅力のひとつでしょう。

とはいうものの、レバレッジが高ければ高いほどそれ相当のリスクも負うことになるので、ビギナーは無理をすることなく「FX取引の流れをつかむ」感覚で始めることをおすすめします。

ですから、まずは低いレバレッジ(3倍程度)で試し、FX取引の流れをつかんできたら高いレバレッジに挑戦するようにしましょう。

回数を重ねてビギナーを卒業することになれば、レバレッジを上げてさらに大きな金額の取引を楽しむことができると思いますよ。