他の投資と比較して、どのようなメリットがあるのか?

FX取引は、現物株取引のように取引時間に区切りがありません。

例えば、東京市場の取引が夕方で終わっても、次はロンドン市場があり、そこが終わっても次はニューヨーク、シドニー、そしてまた東京・・・といった感じで取引が行われる市場(国)にそれぞれ時差があるおかげで1日のうちで終わりがないのです。

ニュースなどを見ていると「東京時間」や「ニューヨーク時間」といった言葉が出てきますが、これは(東京時間なら)「東京での取引がひんぱんに行われる時間帯」というような意味を指しているのです。

これを裏付けるように、東京市場およびロンドン市場の取引が重なる時間(日本時間18時頃)からロンドン市場およびニューヨーク市場の取引が重なる時間(日本時間24時頃)はもっとも活発になっています。

なお、為替相場へ大きな影響力を持つアメリカの経済指標が発表される時間(現地時間の午前中)あたりは、大きく変動することも珍しくありません。

ちなみにFX取引は、外貨の買い注文だけでなく売り注文から取引に参加することも可能です。

たとえば円高ドル安になると予想し、まずドルを売ってドルが安くなったらドルを買い戻せばその差額が利益となりますし、反対に円安ドル高になると予想し、まずドルを買ってドルが高くなったらドルを売ればその差額もまた利益となります。

このように、円で外貨を買う、または外貨買いからしか始められないような外貨預金とは違い、外貨売りから取引ができるのもFXの特徴といってもいいでしょう。

外貨預金の場合、円安でなければ利益はありませんが、FXは外貨売りから取引ができる分、円安でも円高でも利益につなげられるというわけですね。