為替差益とは、どういう意味なのか?

FXで行う取引は大きく2つに大別することができます。

1つが「インカムゲイン」、そしてもう1つが「キャピタルゲイン」です。
ここではキャピタルゲインの特徴および使い分け方などを説明していきましょう。

キャピタルゲイン意味としては「為替差益」で利益を得る(儲ける)ことを指します。

そもそも為替差益とはFX取引において基本であり、株でいうところの相場差益に相当するものなので、FXで大きく儲けようとするのであればこのキャピタルゲインをメインに考えていく必要があります。

なぜなら、スワップポイント(金利)だけで収益をつくろうとしても、為替レートが多少変動しただけでも利益がなくなってしまって「損はしないけど、儲けてもいない」状態に陥りがちになり、この状態はFXビギナーとしても正直おもしろいとは思えないでしょう。

資金保全を考えて外貨口座を開設していればとくに問題ありませんが、もしFXで儲けたいと思っているのであれば、最初にキャピタルゲインをとことん勉強することをおすすめします。

ちなみにキャピタルゲインについて知識を持っている方なら分かると思いますが、仕組みは意外にも単純といえるでしょう。

要は「安く買い、高く売る」このひと言に尽きるのです。

この原理はFXに限らず株や一般的なビジネスでもほとんど同じといっても過言ではありませんが、一般の商取引と株・FXの相違点は、やはり為替レートがどれだけ変動したとしても株・FXは儲けを出すことができるというところでしょう。

「高く売り、安く買う」というように「売り」から入る取引が可能な点は本当にユニークだと思います。