どうしてFXの人気が高まってきたのか?

FXとは外国為替証拠金取引のことで、簡単にいえば外貨取引をメインにした資産運用をすることをいいます。

ここではFXビギナーに向けた、FXの特徴および株取引との違い、そして魅力を紹介していきましょう。

まず特徴のひとつに24時間取引ができる、ということが挙げられます。

株の場合は取引時間が9~15時と決まっていた上、その間はパソコンの複数のモニターを見比べながら相場を追いかけるわけですから、集中力はもちろん、日中に仕事をしている方や主婦などは副業とすることに難色を示していました。

そもそも、勤務中に社内のパソコンで相場をチェックするのは、やはり上司に見つかったりと何かと周囲の反感を買う可能性大ですね。

ちなみにFXは相場が大きく動く傾向にあるのは、ロンドン市場が開始になる(日本時間の)夕方頃といわれています。

これならサラリーマンのFXビギナーも、勤務終了帆に帰宅してパソコンを開けば相場チェックはもちろんのこと、売り買いもできますし、夜間に相場変動が突然きてもほぼ対応することができるでしょう。

そしてFXの魅力はなんといっても1万円という少額の投資から手軽に始められる、という点。

株取引の場合、自己資金は最低でも数十万円は必要になることを考えると、その手軽さは歴然ですね。

このように少ない資金でも大きな取引ができるFXは、ビギナーはとくに株よりも手軽でしかも簡単に外貨預金より大きな儲けが期待できるわけです。

資金、運用時間など長く続けるために必要な条件が揃っているFX。さあ、できるかぎり知識と情報を集めてあなたも早く始めてみませんか。